2018年度生徒募集     岡崎教室毎週木土曜日開講
新城教室毎週月曜日開講
   
         
 原則として小学生以上の、付き添いを必要としない方から中学生までが対象です。幼稚園児保育園児、それ以下のお子様でご要望の場合は親御様とご本人での面談の上、体験扱いで始めます。通常は2~3時間、幼児は~2時間が適切と思います。 
   
個人の資質を大切にし、自由な表現+基本の習熟
最近、小中学校での、図工、美術の時間が少なくなっており、特に絵具と筆の使い方を具体的に学びながら絵を描く機会が減っています。当教室では、水彩絵の具の使い方、水彩画、鉛筆で描く、という絵を描くうえで基本的なことをじっくり指導します。制作の内容について、教室にあるモチーフ、ご自身のお気に入りのモチーフを持参して「自分の目で観察して描く」ことを大切にします。自由な表現と意欲を大切にしつつ、「特別な才能ではなく、根気と丁寧な作業で絵は可能」「絵、芸術は一生の友達」ということを伝えていきます。
美術系高校の受験も対象しております。2018年度旭丘高校美術科合格しております。
   
   
          

●小学生の児童の方には基本的に水彩画のマスターをお勧めしております。
筆と絵具、水加減、混色の基本を技術的に指導します。

道具は、学校で使う通常の水彩絵の具セットで大丈夫です。注意点は、筆をナイロン製の物で細、中、太と揃えていただくこと。面相筆もあると便利です。白い直毛の剛毛の筆、低価格で天然だがこげ茶か黒で柔らかすぎ、毛の抜けやすいものは描きにくいです。

スケッチブックはF6サイズのものをお勧めします。大半の子はこのサイズで描いています。大人用のスケッチブック(水彩用、VIFARTという銘柄など。文房具店ではなく画材店で売っています)は少々高いですが丈夫で描きやすく、絵具の発色も良いです。

筆をふいたり水加減を調節するため、きれいなタオルか雑巾を必ずお持ちください。ティッシュやスポンジはお勧めしません。なお、筆洗バケツは教室でも用意しております。

●下描きや鉛筆デッサンのため、HB H B 2B 4B カッター(中学年以降) 鉛筆削り、サンドペーパー
 練り消し 消しゴム 

その他、アクリル絵の具や大人用の透明水彩、油絵を勉強したい人はぜひチャレンジして下さい!
 ●油彩、水彩、アクリル、テンペラ、古典技法、デッサン、ペン画、パステル等、基本的に版画と日本画以外は対応します。

●働く社会人のため、日中はもちろん晩以降でも勉強していただけます。

●集中力次第で3,4時間勉強していただけます。それ以上の長時間の勉強を希望される場合は、2~4時間を1日分と見立てて、1日の来塾中に昼の開講時間から夜まで2日分消化したり、4回分の通常の月謝に追加したり、月謝を11000円の長時間特訓コースにしたりと対応できます。有名公募展やコンクールの入選を目指したり、個展を開いたりして本格的に勉強できます。
●各種道具の具体的な扱い方、それ以前のもっと基本的なデッサンについて使いますが、筆や絵の具の道具の使い方も丁寧に指導します。具体的な扱いをしっかり指導します。
  
榊原康範美術館banerスクール検索絵画教室検索
※ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。入塾、見学随時。
榊原画塾
岡崎教室
444-0822 愛知県岡崎市若松東2丁目3-3 Tel:090-7852-5986


新城教室
441-1334 愛知県新城市中宇利高田35
<榊原康範美術館および榊原画塾サイト内の記事の無断転載を禁じます>(C)2005-2015 Sakakibara Institute of Art All Rights Reserved.